人気アイドルグループ・乃木坂46の冠番組『NOGIBINGO!6』(日本テレビ、毎週月曜25:29~、※関東ローカル)が4月11日よりスタート。この度、初回収録が都内で行われ、メンバーとイジリー岡田が取材に応じた。

同番組は、国民的アイドルへと駆け上がってきた乃木坂46が、さまざまな企画に挑戦していく人気バラエティ。半年ぶりとなる今回も、シリーズを通して培ってきたバラエティ力を発揮するべく、メンバーが新たな企画に奮闘していく。

収録を終えて、深川麻衣は「今回はメンバーの秘密を暴いていきます。『NOGIBINGO!』はいろんな企画をやらせてもらっていて、メンバーも知らなかった新しい一面が見られるのはすごく楽しいです。今日もいろんなメンバーが活躍できていたので良かったなと思います」と振り返った。また、白石麻衣も「初回の収録からプチドッキリみたいなこともあって、『NOGIBINGO!』らしい収録になったと思います」と語り、「こうやってイジリーさんとまたお仕事ができるのもすごく嬉しくて、また乃木坂46のメンバーの魅力を引き出してもらいつつ、私たちも全力で面白い番組になるように頑張っていきたいです」と意気込んだ。

その後、好きな企画について聞かれた秋元真夏が「私が印象に残っているのは、自分の妹にしたいメンバーを選ぶ企画です。私がお姉ちゃん役で、妹役に齋藤飛鳥を選ばせてもらいました」と切り出し、「普段2人で楽屋とかにいる時は、飛鳥はすごく私に冷たいんですけど、その企画の時はけっこう目を見て、冷たいながらもちょっとツンデレな感じでかまってくれたのが嬉しくて、ずっとキュンキュンしていました」と告白。

続けて秋元は、「#2は怒りに注目した企画になっています。私たちアイドルが怒りを見せる機会ってなかなかないと思います。でも、『NOGIBINGO!』は今まで突っ込んでいかなかったところ、アイドルだったら避けるところも、引き出してくれる。普段の可愛い乃木坂46が好きっていう方も楽しんでいただけると思いますし、怒っている表情のギャップでキュンとやられちゃう人もいるのかなって思います」と、番組の魅力をアピールしていた。

ページトップへ
Twitter Facebook