歌舞伎役者の市川海老蔵が、1月9日(土)17時30分から放送の『名探偵コナン』シリーズ初の2週連続オリジナル1時間スペシャル『コナンと海老蔵 歌舞伎十八番ミステリー(前編)』(読売テレビ・日本テレビ系)に、本人役でゲスト出演した。

今回のスペシャルでは、コナンと日本古来の伝統芸能・歌舞伎との異色のコラボが実現。コナンと小五郎がひょんなことからミステリー好きの歌舞伎俳優・市川海老蔵と知り合う。その後、海老蔵が舞台で使う、文化財級の「二表の面」が盗まれる事件が発生すると同時に、関係者の遺体も発見され、コナンと海老蔵が協力して犯人捜しを行うというストーリーだ。

放送後、海老蔵は19時過ぎに自身のブログを更新。「マオに褒められた!」というタイトルのエントリーで、ピースサインをした写真とともに「嬉しい!初声優 マオに褒められた笑 よかった」「家族は案外厳しいものですからね笑 子供達の意見も聞かなくては」(ABKAI 市川海老蔵ブログ より抜粋)とコメントし、妻・麻央は高評価だったこと、子供の反応も気になると明かした。

また、Twitterなどで「声の演技が上手いのは流石だ」「声はイメージよりちょっと高め」といった声意見が挙がるなど、海老蔵の声優としての初演技が話題に。さらに、「蘭ねえちゃんと園子が照れているのがやばい」「コナンには海老蔵のことは興味無いと言っておきながら、電話の後に頬を赤らめ海老蔵の写真集を見つめながら“何着ていこ……”と呟く哀ちゃんが可愛すぎる」など、海老蔵に好意を抱く女性キャラクターの表情も注目されていた。放送終了後には、「海老蔵が犯人とかじゃないよね?w」「カメラマン怪しすぎるな」など、後編の展開を予想するコメントも挙がっていた。

前編のラストで、何者かに襲われ拉致されてしまったコナン。16日17時30分から放送の後編で、どのような結末を迎えるのか、ハラハラする展開が続きそうだ。また、9日放送の『コナンと海老蔵 歌舞伎十八番ミステリー(前編)』は、読売テレビの無料見逃し配信サービス「ytv MyDo!」にて、1週間限定で視聴することができる。詳細は公式サイトで。

【16日(土)放送 後編のあらすじ】
金子に会いに行く途中で拉致されたコナンが目覚めると、そこは取り壊し作業真っ只中のビルの中だった。コナンは携帯がないことに気付き、DBバッジのスイッチを入れるが無反応のため、自力で脱出を図ろうとする。蘭、哀たちはコナンと連絡が取れないため、GPS機能を使ってコナンの携帯の位置を確認。そして、蘭たちは銀座の狭い路地に落ちているコナンの携帯を発見する。一方、稽古場では、小五郎が高橋の事件に関して、いくつかの推理を展開。だが、市川海老蔵にことごとく推理の間違いを指摘され、自分の推理を否定する海老蔵を逆に怪しいと疑う。この後、海老蔵はコナンが行方不明だと知り、蘭たちと一緒に捜しに行くが、コナンがいるビルの地下は今にも崩れ落ちそうな危険な状態だった……。

劇場版『えいがのおそ松さん』(3月15日公開)の完成披露舞台あいさつが15日、都内で行われ、長男・おそ松の声を演じる声優の櫻井孝宏、主題歌「Good Goodbye」を担当したDream Ami、本作のメガホンをとった藤田陽一監督、脚本の松原秀が登壇した。

ページトップへ
Twitter Facebook