斎藤工と窪田正孝が共演する、日本テレビ系の2016年1月期の日曜ドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』。この度、女優の長谷川京子が、主人公・火村に多大な影響を与えるキーパーソン・諸星沙奈江役を演じることがわかった。

本作は、有栖川有栖による小説「作家アリスシリーズ(火村英生シリーズ)」が原作。謎と闇を抱えながらも犯罪捜査にストイックな姿勢を見せる大学の准教授・火村英生(斎藤)と、彼の葛藤と脆さを救おうと使命感を持つ小説家・有栖川有栖(窪田)。切なさを秘めたバディの、友情と信頼関係の妙が人気を博している。20年以上続くロングセラーシリーズということもあり、ドラマ化の発表、斎藤と窪田のタッグは大きな話題を呼んでいた。

この作品で長谷川が演じるのは、世の中を震撼させている凶悪犯罪組織・シャングリラ十字軍のカリスマ指導者。あることがきっかけで火村と出会い、その運命を狂わせていく……という役どころ。長谷川は「犯罪組織の首謀者、という今までなかった役をいただきとても新鮮な気持ちです。さらに、それが女性ということで、滅多にない役ですのでとても楽しみです」と喜びを明かし、「象徴的かつ抽象的な役なので、どのような役柄なのかと考えていました。しかし、衣装が決まったことで役の広がりが見えて、イメージもわいてきましたし、ミステリアスな部分や、一見拘束着にも見えるという役の全ての要素が含まれているなと思いました」と役の印象を語った。そして、「ある意味、正解がなく、制限のない役柄なので、自分の価値観や先入観にとらわれず、広く考えて役作りしていきたいです」と意気込んだ。

今回が初共演となる斎藤については、「ナイスガイな印象ですね。以前、現場に行く日ではない時に差し入れをしたことがあって、それをたまたま斎藤さんが知ったのか見たのかしたようで、後日御礼の言葉をいただきました。そういうことをしっかり覚えていてくださって嬉しかったですし、きちんと面と向かってお言葉をかけてくださる誠実な方なんだなと思いました。私の周りで齋藤さんと共演した人は、みなさん、(斎藤さんは)面白く、話しやすい人だと言っていたので、楽しみにしています」と、撮影を待ちわびている様子だった。

また、戸田一也プロデューサーは長谷川の起用理由について、「圧倒的な存在感と、神秘的な母性を感じさせる女性を登場させたかったので、まさにイメージ通りでした。そのオーラで、物語の謎を引っ張って頂けると期待しております」と語っている。

ページトップへ
Twitter Facebook