}

俳優・鈴木亮平が30kg増量して役作りを行い、主人公を演じていることが話題を集めている映画『俺物語!!』(10月31日公開)。この度、主題歌アーティストが“マッキー”の愛称で幅広い年代から愛されているシンガーソングライター・槇原敬之に決定。1993年に発表したシングル『NO.1』をリアレンジすることがわかった。

全く高校生に見えない超イカツイ顔面と屈強な肉体をもつ男が主人公という異色の少女漫画を映画化した本作。高校生離れした見た目だが純情で優しい心根を持つ主人公・剛田猛男(鈴木)が、ピュアな女子高生・大和凛子(永野芽郁)を一途に想い続ける様を描いたラブコメディだ。

槇原は「こんなフレッシュな映画の主題歌を、おっちゃんである槇原敬之にやらせてもらえるというのは、本当にラッキーだなと思っています。21世紀になって、『No.1』という曲をこんなにぴったりのストーリーに巡り合わせてくれたことに、感謝したいです」と、喜びを明かす。また、「リアレンジをさせていただくにあたって、映画を観させてもらったのですが、『No.1』という曲は本当にぴったりだなと思いました。もどかしくも、ちょっとおバカで、それでいてキュンとする映画だったので、『No.1』の実は底抜けに明るいラテンのような部分をあえて残してリアレンジさせてもらいました」と、アレンジのポイントを語った。そして、「青春真っ盛りの子たちに聴いてほしいっていうのはもちろんですけど、かつてそうだった僕と同じくらいの年の人にも、懐かしいこの曲が、前よりちょっといい音で、ラジオから流れてるみたいな気分で、聴いてもらえたらなと思います」とアピールした。

主演の鈴木は「エンドロールでイントロが流れた瞬間から、これ以上ないほどの幸せな感覚に包まれました。歌詞も槙原さんのお声も『俺物語!!』にぴったりで、鑑賞後に“今までで一番素敵な恋をしたい!”と思っていただけること間違いありません!」と、コメントを寄せている。

1月18日(土)放送の『クレヨンしんちゃん』には、俳優の鈴木拡樹がゲスト声優として登場する。 鈴木といえば、漫画やアニメ、ゲームなどを原作とした“2.5次元ミュージカル”に数多く出演する人気俳優。甘いマスクはもちろん、役

ページトップへ
Twitter Facebook