アイドルグループ・嵐の東日本大震災復興支援コンサート「Arashi Blast in Miyagi」に密着したドキュメンタリー『未来へ届け!嵐と高校生達の歌声(仮題)』が、10月11日(日)16時30分~17時25分に日本テレビ(関東ローカル)で放送されることがわかった。

2011年3月11日、東日本大震災。あの日から4年、東北復興の力になろうと、様々な形で支援活動に取り組んできた嵐のメンバー。そんな彼らの思いが込められた、特別な東日本大震災復興支援コンサート「Arashi Blast in Miyagi」が、宮城県のひとめぼれスタジアム宮城で4日間(9月19日、20日、22日、23日)開催。嵐にとっては被災地で行う初めての単独コンサートだ。

その目玉企画の1つが「合唱プロジェクト」。宮城県内の高校生を招き、嵐のメンバーと共にステージ上で「感謝カンゲキ雨嵐」を合唱するというものだ。そこで今回、日本テレビが「Arashi Blast in Miyagi」の舞台裏に密着。被災地に歌声を届ける嵐のメンバーの思いに迫ると共に、「合唱プロジェクト」に参加する高校生たちに取材し、彼らが2011年からどんな困難を乗り越え、どんな思いでステージに立つのかを、ドキュメンタリーとして描いていく。

<松本潤コメント>
2011年の震災以降、まだ復興は続いているとは思いますが、これからもその土地を引っ張っていく若い世代の人たちに、より元気になってほしい、そんな思いからこの企画がスタートしました。コンサートの中で何か一緒にできたら、そう考えていた時に、今回宮城県の高校生の皆さんと一緒に合唱するという企画にたどり着きました。たくさんのお客さんの前で、今回参加してくれた高校生の皆さんの思いや希望を歌にのせ、これからも力強く生きる力につながってくれたら何よりも嬉しいです。きっとテレビの前の皆さんも、勇気と感動をもらえると思います。是非、ご覧ください。

新幹線に乗っていて、車窓を見ながら「あの"変なの"何だ!?」と思ったことありませんか? 「あの変な○○」を確認したくても、時速約300kmで通過する新幹線の車窓からはなかなか確認できない! そこで!それらをぜんぶ確かめに行ってしまおう!?1月20日(日)夜7時54分からの日曜ビッグバラエティは、新企画「新幹線の窓から見えた あの"変なの"何だ!?」を放送。番組スタッフは、東京発―新大阪行きの東海道新幹線に乗り込み、海側の座席「A席」から見える風景を撮影。"変なの"を見つけたら、最寄り駅で降りて現

ページトップへ
Twitter Facebook