俳優の桐山漣が、10月15日(木)にスタートする4週連続ドラマ『永久就職試験』(日本テレビ、24:59~、関東ローカル)で、主演を務めることがわかった。本作で「絶対に結婚したくない」と思っている御曹司・森岡孝太郎を演じる桐山が、意気込みなどを語った。

物語は、孝太郎が異例のお見合い会を開催するところからスタート。その会への応募条件はたった一つ。「絶対に離婚しないこと。離婚の際の違約金は5億円。財産分与もなし」で、たとえ夫の側から離婚を要求したとしても同様だという。このあまりにも理不尽なお見合い会は、「いい加減に結婚しろ!」と急かす両親に、「頑張ってみたけどダメだった」と納得してもらうべく開催したものだった。「誰も応募するはずはない」という孝太郎の思いとは裏腹に、会場には3人の女性が集まった。それぞれに自身をアピールしたり、逆に“結婚に望むもの”をプレゼンしたりする中で、辛い試練や、何を試されているのかわからない馬鹿馬鹿しい試練も待ち受けていた。さらに、試験の結果によって、上位者には特別待遇が、下位者には劣悪な待遇が与えられ、順位による嫉妬や女性同士の格付けが、日々行われ続ける。そんな中、孝太郎を運命の人だと言い放つ謎の女性も登場。そして、孝太郎、女性たちがそれぞれ心境を変化させながらも、『永久就職試験』でのバトルは激化していく……。

桐山は「とても旬な題材であり、面白くテンポよく作られたラブコメディに声を出して笑いました。孝太郎は御曹司でありながら、世間知らずで女に騙されっぱなし、いい意味でピュア男、悪く言えば単純男。どちらをとっても憎めない男だなぁという印象を受けました」と、台本を読んだ感想を語る。また、「主演という大役に選んでいただいたことへの感謝と任務を胸に、作品づくりに励んでいく所存です。未熟ながらも主演として全体の空間を把握していく意識で取り組むこと。また芝居のハーモニーを楽しみ、時には互いにチューニングを合わせながら進めていければと思います」と意気込んだ。

また、「孝太郎をとりまく4人の女性の個性が、あまりに強烈なので絡みが本当に楽しみです。とにかく今回は芝居でみんなに振り回されたいし振り回していきたいです」と撮影を楽しみにしている様子。そして、「コメディの中にも、全話を通して4人の女性の熱い想いに次第に感化されていく孝太郎の様は、見どころのひとつであると思います」とアピールした。

今回の発表では、孝太郎を取り巻く女性陣のキャストも明かされた。三倉茉奈がどん底の人生から一発逆転を狙う女・白石幸子役、小島藤子が「誰よりも幸せ」だと思われたい女・前川彩役、須藤理彩が土壇場で焦りラストスパートをかけた女・立花千詠美役、馬場園梓(アジアン)が孝太郎を運命の相手だと言い愛を押し付ける女・桜井未羽役を演じる。

2018年11月に欅坂46を卒業した今泉佑唯が、2月17日放送の日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系、毎週日曜21:00~の)第6話にゲスト出演。グループ卒業後、初のドラマ出演になるが、「ドキドキ緊張していたんですが、これから女優として前に進んでいけたらいいなと思っています」と新たな決意を語っている。

ページトップへ
Twitter Facebook