西尾維新の原作を、新垣結衣主演で実写化することで注目を集めている10月クールの連続ドラマ『掟上今日子の備忘録』(日本テレビ系、毎週土曜21:00~、放送開始日未定)。この度、新垣演じる掟上今日子、岡田将生演じる隠館厄介のビジュアルが解禁された。

本作の主人公は、寝てしまうと記憶が1日ごとにリセットされるため守秘義務は絶対厳守、どんな事件も1日で解決する美女探偵・掟上今日子(おきてがみ きょうこ)。またの名を“忘却探偵”。彼女の体には、忘れてはいけない大事なことが常にマジックで書かれている。そんな彼女に惚れてしまったのが、いつも何かの犯人に間違われては探偵のお世話になる“史上最も運が悪い男”隠館厄介(かくしだて やくすけ)。毎回起こる不思議な事件を今日子が1日で解決する謎解きミステリーと、どんなに近づいても“思い出”が残らない今日子と厄介の切ない恋模様が描かれる。

今回、解禁となったビジュアル写真で、白髪&メガネ姿を披露している新垣は「スタッフさんたちの反応が思っていた以上に良かったですし、自分で見ても想像より馴染んでいたのでほっとしました」とコメント。また、今日子が、忘れてはいけないことをマジックで書くシーンについては「慣れた手つきで書かなければいけないのが難しいです。あと、書いてみてわかったのですが、腕の外側は書きやすいんですけど、内側は柔らかいので難しいですね」と、苦労を語った。そんな新垣の姿を見た岡田は「白髪のメガネ姿があまりに似合っていて、じっと見てしまいました。目の前に今日子さんがいて、とてもミステリアスで、キュートで、素敵な姿だったので、新垣さんにも直接“素敵です”と言ってしまう程でした」と、再現度の高さに驚きを隠せない様子だった。

新垣は「今日子さんをはじめ登場人物のキャラクターがハッキリしているので、普通の推理モノとはひと味違うポップな面白さがありますし、寝ると記憶がリセットされてしまう今日子さんの特性上、基本的に1話完結で毎話スッキリしてもらえるかなとも思います」と、作品の魅力をアピール。「今日子さん自身でさえも知り得ない自身の過去の謎だったり、雰囲気と思考のギャップだったりが魅力だと思うので、それを出していけるように頑張ります。主演というプレッシャーをなるべく忘れて、とにかく楽しみたいと思います」と意気込んだ。

上川隆也が主演を務める金曜8時のドラマ『執事 西園寺の名推理』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)の第6話が、5月25日に放送。八千草薫が演じる奥様こと伊集院百合子の女学校時代の伝説が明らかになる。

ページトップへ
Twitter Facebook