7月8日スタートの新ドラマ『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系、毎週水曜22:00)の主題歌が、福山雅治が本作のために書き下ろした「I am a HERO」(発売日未定)に決定した。

福山がドラマ主題歌を提供するのは、日テレ系のドラマとしては、2010年7月クールに放送された土曜ドラマ『美丘-君がいた日々-』の主題歌「蛍」以来、5年ぶりとなる。できたばかりの主題歌を持参してドラマの撮影現場を訪れた福山は、プライベートでも親交があるという杏(花咲舞役)、上川隆也(相馬健役)と記念撮影。今回の発表にあたって、福山らがコメントを寄せた。

<福山雅治>
僕もそうですが、ほとんどの人が「なりたい自分」と「実際の自分」は違うのではないでしょうか。誰もがなりたい自分になれない中で、次第に諦めていってしまう……そんな若干諦めかけている大人たちが、心の中で憧れているのが「花咲舞」という人なんだと思います。そして、常に弱者の味方でヒーローのような存在である花咲舞も、なりたい自分を探しているのでは……と。そんな気持ちを歌にしてみました。

<杏>
一度聴いただけで口ずさんでしまうようなメロディと、スカッとするリズミカルな感じが、とても花咲舞に合っている印象で、「頑張ろう」と思える曲だと思いました。このドラマはエンドロールの部分までお芝居が続くのが特徴の1つだと思うのですが、お言葉を返したり色々あったあとに、この福山さんの主題歌が流れ始めると思うと、今から出来上がりを見るのが楽しみです。

<上川隆也>
想像以上に激しくアップテンポでハードな印象の曲でした。いつもは明るく楽天的で、それでいてどこか一本抜けていたりする花咲舞が、不正に立ち向かう正義感をたぎらせた時に見せる強い思いや行動力とつながっている感じがして、このドラマに非常にマッチしているな、と。放映が待ち遠しいです。

<加藤正俊プロデューサー>
『花咲舞が黙ってない』は、見てくださった人がちょっと勇気をもらえて、スカッとするようなドラマを目指しています。主題歌も、とにかく明るく、多くの人の背中を押してほしいと思い、その願いを福山さんに伝えて、書き下ろしていただきました。最初に聞いた時から、メロディも歌詞も、まさにドラマにぴったりで、躍動する花咲舞の姿が自然に浮かんでくるような曲になっています。

関連ワード

ページトップへ
Twitter Facebook