4月2日(木)スタートの新ドラマ『恋愛時代』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~24:54)の取材会が4日、撮影地となる大宮モノリスにて行われ、本作で民放の連続ドラマ初主演を果たす比嘉愛未と、比嘉演じる“はる”の元夫・理一郎役の満島真之介が出席。二人とも恋愛ドラマ初挑戦ということで、比嘉が「初めてなのに、ハードルが高い」と嘆くと、満島は「初めてだからだよ! 恋愛作品に不慣れな二人が演じるからこそ“こういう”作品なんじゃない?」と比嘉を励ました。

元夫婦のはると理一郎は、結婚期間1年半を経て離婚してから2年たった今でも、結婚記念日には二人で食事をするという、ちょっと変わった関係。ささいな口論がきっかけで、互いの結婚相手を本気で紹介し合うことになるが、どうしても恋の進行具合が気になってしまう。脚本家・野沢尚の小説を原作に、どこか「普通の恋愛」に対して不器用な二人を中心に描かれる、ちょっと変わった大人のラブストーリーが展開する。

思ったことをハッキリ言うタイプで、皮肉やツッコミも言わずにいられない役柄を演じる比嘉は、「頑固で負けず嫌いなところや、言われたら言い返すところが本当に似ています。(台本を読んで)共感する部分はたくさんありますね。はるの、使った後のタオルを揃えないと嫌だっていう部分は、“わかる!”って思いました(笑)」と共通点を語った。すると、満島は「マジか……僕はホイッて置いちゃいますね」と明かし、「マジか! 最悪だわ~そういう所が嫌なんだよな~」と比嘉からつっこまれる一幕も。憎まれ口を叩き合いながらも何故か離れがたい、はると理一郎の関係性そのままのやり取りを披露していた。

この日、クランクインしたばかりで、さっそくウエディングドレスを着るシーンを撮影。「ハッピーなシーンから入ることができて良かったです。初日だという緊張感もあったのですが、本当にお嫁に行くような幸せな気持ちになってしまいました。この作品の中では数少ない幸せなシーンの撮影だったので(笑)」と感想を語った比嘉に、満島は「綺麗でした。こんな目の前でウエディングドレスを見たことがなかったので、僕も緊張しました。キザなセリフが言えなくて、“恋愛物向いてないな~”って思っちゃいました(笑)」と、照れながらも比嘉のウエディングドレス姿を絶賛した。

最後に、比嘉は「はるにとって理一郎は自分の一部のようなものだと思うんです。会わないことの方が不自然というか、二人ともダメだと思いつつ、つい会ってしまう。男と女という次元じゃないところで惹かれ合う部分があると思うんです。運命って本当にあるんじゃないかな。それがはると理一郎だと思います。ちょっとクサいですけど(笑)」と語ると、満島は「クサいね。でもいいんじゃない。素敵だよ。それがこのドラマの根底だと思います。結婚していない人も、結婚して子どもがいる人も、はると理一郎のような関係性の人も、いろんな人が楽しめるからこそ『恋愛時代』だと思っているんです。このシンプルなタイトルの中に深い物があるというところを大切にしたいと思います。人の欠けた部分とか、補える部分とかを感じられたらすごく良い作品になる気がします」と、作品の魅力をPRした。

関連ワード

村上弘明を主演に迎えたドラマスペシャル堂場瞬一サスペンス『ラストライン』(テレビ東京系)が、6月29日(月)20時から「月曜プレミア8」枠にて放送される。志田未来が、村上演じる主人公のベテラン刑事・岩倉剛とタッグを組む新⼈⼥性刑事・伊東彩香役を演じることは発表済みだが、この度、物語をさらに盛り上げる豪華共演者が決定した。

ページトップへ
Twitter Facebook