関ジャニ∞の横山裕が、2月8日(日)15時から1時間半にわたって放送される『受験サプリ presents 一流がスゴイと認めた! 超スゴイ人の秘密』(読売テレビ・日本テレビ系)に出演。収録後に取材に応じ、番組のテーマにちなんで「スゴイ人は誰?」と聞かれた横山は「SMAP・中居正広」を挙げ、ジャニーズ事務所の先輩・後輩同士の秘話を明かした。

中居について、「尊敬しますね。一緒に仕事をすればするほど、中居くんのスゴさがわかってくる。司会業もなさって、僕たち後輩にお年玉もくれるんです」と語った横山。「(関ジャニ∞の)メンバー全員にくれるんですけど、1つだけハズレとか作ってくれて。そんなオシャレな事もされるんです。僕も後輩にお年玉をあげる時、1つハズレを作るようになりました。ハズレ引いてもちょっと面白いんですよ」と、お年玉にまつわるエピソードを語った。

横山は「今回、僕ハズレを引いたんです。紅白の時に“今年、僕ハズレ引きました”って挨拶させてもらったんですけど“お前、それ当たりだぞ。良い事あるぞ”って言ってもらって、“よし、今年も頑張ろう”と思いました。多分こういう話もできるようにしてくれているんだと思います」と振り返ると、横山と今回の番組で共演した中山秀征も「そのエピソードを話せるようにね。全員に配っていたらただお年玉をくれたってだけ。それ、俺も使わせてもらいます。中居イズムを継承して(笑)」と感心していた。

中山と横山、そして小島慶子が出演する『受験サプリ presents一流がスゴイと認めた! 超スゴイ人の秘密』は、様々な分野で活躍する一流の人たちが認める“超スゴイ人”たちにスポットを当てた情報バラエティ特番。登山家・三浦雄一郎が一目置くのは、エベレスト頂上付近で命綱なしに絶壁へ飛ぶ超人。料理人:落合務が認めるのは、客の○○を見て握り方を変える寿司職人。マジシャン・セロが絶賛するのは、空を自由に飛ぶ伝説のイリュージョニスト。他にも、ファッションデザイナー・桂由美、メジャーリーガー・上原浩治、野球界の鉄人・金本知憲が認める超スゴイ人たちを紹介していく。そんな中、横山は、所属事務所の社長・ジャニー喜多川のスゴイ逸話を語る。

また、収録後の取材では、さらに所属する関ジャニ∞の“スゴイ人”も明かした横山。「丸山(隆平)ですかね。あいつ、無茶苦茶ですね。楽屋でずっと奇声を上げているんですよ(笑)。本当なんですよ。聞き取れないです。“スパパパパーン”とか、何を言っているかわからないんです(笑)。それを聞いたメンバーの渋谷(すばる)が“わかるぞ”っていうんですよ(笑)。何のやりとりかわからないです。そういうのを見ていてスゴイグループだなって思いますね」と笑顔で語り、「一度“へーくっぽん、へーくっぽん”と言っていた時があって、“何て言っているの?”と聞いたら“誰か屁をこいた? って意味やけど”と……。いや、意味わからないでしょ(笑)。でも、1人ではなく、メンバー皆を尊敬しています。楽器とかそれぞれ長けたものがあるから素晴らしいなと思います」と、メンバーへの思いを語っていた。

さまぁ~ず(大竹一樹、三村マサカズ)の2人が“等身大の日常”をこっそり話す深夜のトークバラエティ『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』(テレビ朝日系、毎週月曜26:24~ ※一部地域除く)。7月22日の放送では、大竹が自身の子供との奮闘記を明かした。

ページトップへ
Twitter Facebook