中川大志が主演のドラマ『ボクの殺意が恋をした』(読売テレビ・日本テレビ系)のHuluオリジナルストーリー「カノジョの殺意が恋をした」が、9月12日地上波第10話(最終話)放送後からHuluで独占配信スタートした。

本ドラマは身体能力100点・ルックス100点、でも、殺しの才能0点。最高に“間が悪い”殺し屋が、標的(ターゲット)を殺すどころか恋をしてしまうというスリリング・ラブコメディ。

「カノジョの殺意が恋をした」は、殺し屋・男虎柊とターゲット・鳴宮美月/葉山葵という二人の関係性を入れ替えたスイッチエンターテインメント。ドラマの世界観や人物像はそのままに、“狙う葵”と“狙われる柊”という設定で、『ボク恋』の世界を別の視点から楽しめるアナザーストーリーとなっている。

物語は、殺し屋組織SOSのエージェントである葵(新木優子)が、テロ組織に資金提供している覆面漫画家の美月(柊/中川)を殺すため、美月の仕事場に雑用係として潜入するところからスタート。葵は、隙あらば美月を殺そうと狙うが、タイミング悪くデス・プリンスこと八乙女流星(鈴木伸之)がやって来て……。ラストには撮影の裏側を収めたメイキング映像も公開される。

また現在、『ボクの殺意が恋をした』から誕生したHuluオリジナルストーリー「ボクの殺意が恋する前」も配信されている。

<「カノジョの殺意が恋をした」あらすじ>                               
~もし、男虎柊(殺し屋)と葉山葵(ターゲット)の立場が入れ替わったとしたら~
出演者:中川大志、新木優子、鈴木伸之、田中みな実中尾明慶永田崇人小西はる水野美紀

SOSの殺し屋・葉山葵(新木)は、暗殺ターゲットの男・鳴宮美月(中川)に近づくため、覆面漫画家である美月の雑用係として潜入。暗殺を試みるが、そこへデス・プリンス(鈴木)もやって来て……。

関係性を入れ替え“狙う葵”と“狙われる柊”となった二人の運命は――!?

ページトップへ
Twitter Facebook