民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」の特集の1つ「人気番組対抗!自由研究グランプリ」に、『川島・山内のマンガ沼』(読売テレビ系、毎週土曜25:28〜)が参加。「楽しく作ろう!マンガ飯SP」と銘打ち、MCの川島明麒麟)と山内健司かまいたち)が、マンガに登場する料理を実際にそのまま作って食べる企画にチャレンジしている。

今回挑戦したのは、東京・杉並のボロアパートに住む青年・コースケとその周りの人々の交流を描いたマンガ「大東京ビンボー生活マニュアル」(前川つかさ著、講談社)に登場する「力そば」。その作り方は、焼いたモチをカップラーメンに入れるだけという極めてシンプルなもの。気になる味は、山内いわく「イメージ通り」。川島も「初めて食べたのに知ってる味だね」とつぶやきつつ、「(モチの)焦げがおいしい」と、その味を評価する。

続いて二人は、「力そば」に合うトッピングを“自由研究”。わさび味の駄菓子を試した川島は、「めっちゃおいしい」と絶賛しつつ、「モチがいらない」と口を滑らせる。一方、山内が提案したのは、塩昆布と鮭フレーク。「ありそうでなかった組み合わせ」に期待を寄せる二人だが、はたしてその味は……。

「TVer」では、7月19日(月)から8月29日(日)まで「TVerフェス!SUMMER2021」が開催しており、様々な特集が組まれている。

中でも特別企画として、TVer初となるオールオリジナルコンテンツの特集も2つスタート。「人気番組対抗!自由研究グランプリ」では、今回の『川島・山内のマンガ沼』をはじめ、『アイ・アム・冒険少年』や『かまいガチ』などが参加。もう1つの特集「毎日ワクワク!日替わりコンテンツ」では、『東大王~頭のラジオ体操クイズ』『美 少年!カウントダウンヒーローズ!!』などのコンテンツが配信されている。

さまぁ〜ず(大竹一樹、三村マサカズ)、田中瞳アナウンサーがMCを務める『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系、毎週日曜21:00〜)。日曜でのレギュラー放送最後となる9月26日の放送では、90分スペシャル「食うぞ!秋の埼玉県・秩父 ドイヒー大感謝祭」と題して、埼玉県秩父市を訪れた。

ページトップへ
Twitter Facebook