上段左から)李牧役:森川智之、春申君役:内田夕夜、下段左から)汗明役:田中美央、媧燐役:田中敦子

TVアニメ『キングダム』第3シリーズが、NHK総合にて2020年4月(予定)に放送がはじまる。この度、合従軍を牽引する天才軍師の李牧(りぼく)そして、この第3シリーズで初めて登場する楚国の武将ら、春申君(しゅんしんくん)、汗明(かんめい)、媧燐(かりん)のキャラクタービジュアルが公開。さらに李牧を続投する森川智之をはじめ新キャストに決定した、内田夕夜田中美央田中敦子よりコメントも到着した。

本作は、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて連載されている同名漫画のTVアニメシリーズ。原作コミックスは既刊累計4500万部を突破し、2019年4月には初の実写映画化が実現、大ヒットを記録し社会現象となった。ストーリーは春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍を目指す少年・信(しん)と、後の始皇帝となる若き王・嬴政(えいせい)の活躍を描いた中華戦国大河ロマンで、TVアニメ第1シリーズはNHK BSプレミアムにて2012年6月から2013年2月に、そして第2シリーズは2013年6月から2014年3月まで放送された。第3シリーズは、原作者である原泰久自ら監修の元、『キングダム』史上最大規模の戦いといわれる合従軍編に突入し、秦国の王都である咸陽(かんよう)へ迫りくる合従軍の猛威に対し、秦国が立ち向かっていく模様を描いていく。

公開されたキャラクタービジュアルだが、秦国を亡ぼすため、楚(そ)、趙(ちょう)、魏(ぎ)、燕(えん)、韓(かん)、斉(せい)の六国同盟からなる合従軍の発起人である李牧は、鋭いまなざしでこちらを見据えており、強い意志を感じさせるいで立ちだ。そして、合従軍の総大将を務める春申君は、長きにわたって自国で宰相を務めてきた手腕を誇示するかのような様を。楚軍の総大将を務め中華最強を自負する汗明は、圧倒的な武のオーラを。さらに、戦の天才といわれる楚のNo.2の女将軍、媧燐は不敵な笑みを浮かべ、挑発しているかのような様が描かれており、まさに合従軍の各国最強と謳われる武将らしい覇気を感じさせるものとなっている。

そんな武将たちを演じるキャスト陣から寄せられたコメントを、以下に紹介する。

<森川智之(李牧役)コメント>
とうとうやってきましたね! 第3シリーズが決まってとても嬉しく思っています。李牧の声を担当していて、“合従軍編”は、とても重要なエピソードと認識しているので今から楽しみです。李牧のセリフはどれをとっても戦局を左右する大切なものです。記憶に残る印象的なセリフが数多くあるので、僕自身、期待で胸が高鳴ります。皆さんの期待に応えられるよう頑張りますので、楽しみに待っていてください。

<内田夕夜(春申君役)コメント>
原先生がスタッフィングから関わられた、この『キングダム』。戦国七雄全てが関わった、あの合従軍編。その合従軍の総大将、春申君のCVを賜りました。この栄誉にお応えするには、合従軍に勝利をもたらすしかない。しかし、史実が曲げられないのならば、せめて、合従軍声優に勝利をもたらします。李牧CVの森川智之さんと共に、森田成一(信役)、福山潤(嬴政役)率いる秦軍声優を叩き潰します。

<田中美央(汗明役)コメント>
『キングダム』の中で最も熱い闘いの一つ、函谷関の闘いがいよいよ始まります!! スタジオで「モニターが震える位、大きな声で演じて下さい」と指示を頂き度肝を抜かれました。これ程に熱い現場は初めてです!! 「合従軍編」よろしくお願い致します!! ドドンドドンドン!!!

<田中敦子(媧燐役)コメント>
このたび6年ぶりに再会される『キングダム』に参加させて頂ける運びとなりましたこと至上の喜びです。原泰久先生監修のもと壮大なスケールの合従軍編、殿方に引けを取らぬ女将軍となりますよう、媧燐を精一杯演じたいと存じます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

シリーズ28作目となる最新作『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』。 2020年4月24日(金)に公開される本作で、きゃりーぱみゅぱみゅが声優を務めることが発表された。 今作の舞台の始まりは、

ページトップへ
Twitter Facebook