松下洸平が、12月13日(金)に放送される朝の情報番組『あさイチ』(NHK総合、毎週月~金曜8:15~)のプレミアムトークに登場する。

同番組は、博多華丸・大吉近江友里恵アナウンサーがキャスターを務め、生活実用情報はもちろん、社会問題や政治などのジャーナルなテーマからエンターテインメントまで、視聴者が一番気になるテーマを毎日ピックアップ。それを、徹底的な取材でとことん掘り下げて伝えていく生放送番組。

『連続テレビ小説 スカーレット』(NHK)でヒロイン喜美子(戸田恵梨香)の人生に大きな影響を与えることになる十代田八郎を演じる松下。これまで10年間、舞台を中心に活動。去年出演したミュージカル『スリル・ミー』や映画『母と暮せば』での演技が高く評価され、大きな演劇賞を受賞した松下だが、テレビドラマへの出演はまだ数えるほど。もちろん朝ドラは初めての大抜てき。そんな松下の朝ドラでの初体験とは? そして「見てくれる人がたくさんいることがありがたい」と話す松下だが、それにはある理由が……。実は、俳優活動をはじめる前にシンガーとして活動していたときのトラウマ(?)的な衝撃体験があるそう。それは一体どんなことなのか? 

さらに松下のプロフィールには「ペインティング・シンガーソングライター」という気になるワードが。戸田や“お父さん”北村一輝が語るおもしろエピソードとは? 果たして、松下は純朴で真面目な“八郎”そのものなのか、それとも……?

ページトップへ
Twitter Facebook