黒澤明、勝新太郎

11月19日の『アナザーストーリーズ 運命の分岐点』(BSプレミアム、毎週火曜21:00~)は、「天才激突! 黒澤明VS勝新太郎」と題して放送される。

同番組は、人々が固唾を飲んで見守った“出来事”に注目。残された映像や決定的瞬間を捉えた写真を最新ヴァーチャルで立体的に再構成し、事件の“アナザーストーリー”に迫る、マルチアングルドキュメンタリー。

1979年の夏、世界中の映画ファンを震撼させる、前代未聞の主役交代劇が……。黒澤監督の新作映画『影武者』のロケ中に主役の勝が突然、降板したのだ。

黒澤はすでにベネチア映画祭でグランプリも獲得した世界的巨匠。一方の勝は『座頭市』をヒットさせ、脚本・監督もこなす大スター。40年前のあの日、2人の天才の間で何があったのか、未公開映像や当時を知る関係者の証言をもとに、“天才激突”の真相に迫る。

当時、影武者のアシスタントプロデューサーだった黒澤の側近・野上照代。この降板劇の一部始終を唯一見ていた人物で、勝が起こした決定的な事件があったと証言する。

当時、勝の弟子だった谷崎弘一は、常に勝のそばにいて、巨匠・黒澤に挑む熱い思いを見ていたが、ある頃から、歯車は狂い始めていたという。

さらに黒澤と勝、両者とも腹を割って話せる関係性を築いていた映画評論家・白井佳夫は、この悲劇を避けるには、ある事が足りなかったと語る。

当時、影武者の製作過程を追ったドキュメンタリー番組を作っていたNHKには、勝が降板したばかりに、世に出ることのなかった多くのフィルムが残っていた。40年の時を経て、未公開映像を公開する。鎧兜をつけた勝に演出する黒澤や、勝の衣裳合わせの模様に注目だ。

新型コロナウイルスの感染拡大、外出自粛による経済へのダメージ...。未曾有の事態に日本国内だけでなく世界中が不安に包まれる中、『ワールドビジネスサテライト』では各界の著名人たちによるリレーメッセージコーナー「コロナに思う」がスタート。今月には『コロナに思う 34人のリレーメッセージ』(日経ビジネス人文庫)として書籍化もされた。7月14日の放送では、東京新宿区の吉住健一区長が出演した。日本一の歓楽街とも言われるおひざ元の歌舞伎町で新型コロナウイルスの感染者が増えるなか、商業活動と感染防止の両立を図

ページトップへ
Twitter Facebook