有田哲平、神木隆之介

神木隆之介が、11月16日に放送される『有田Pおもてなす』(NHK総合、毎週土曜22:10~)にゲスト出演する。

同番組は、くりぃむしちゅー有田哲平が、実力派お笑い芸人のネタをプロデュースし、一流有名人を笑いでもてなすネタバラエティ番組。今回は、神木のためにお笑いライブを開催する。

今回、有田プロデュースのネタを披露するのは、『キングオブコント』(TBS系)歴代優勝コンビのかまいたちバイきんぐ。かまいたちは、神木が出演中の大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』(NHK総合、毎週日曜20:00~)にちなんだコントを披露する。落語家の役を熱演している神木のために、有田Pからは「ネタの冒頭に落語をして、コントの設定を説明する」というニュースタイルのコントを無茶ぶりされる。

さらに、オリンピックの招致を題材にしている『いだてん』にちなんで、「『オリンピックを招致したい』という気持ちを常に持ってコントをする」というなんとも抽象的なプロデュースも。かまいたちの「いだてんスタイル」のコントは一体どうなるのか?

続いて、バイきんぐは、有田Pとの打ち合わせに、ネタ作り担当の小峠英二がまさかの欠席し、すべてのプロデュースを西村瑞樹に課すという展開に。西村は、「神木様が好きな芸人(サンシャイン池崎ゴー☆ジャスなかやまきんに君)のネタをやる」「ネタ中におすすめのキャンプ場情報を神木様にこっそり教える」など、ハードなプロデュースを告げられたにも関わらず、なぜか「ワクワクしてきました」とポジティブな様子。しかも、小峠には一切知らせず、西村が勝手にやるというまさかの展開になり……。

そして、横澤夏子の「マッチング芸人でおもてなす」では、神木にぴったり“マッチング”する芸人2組を紹介。若手実力派漫才師・まんじゅう大帝国と、やさぐれキャラでブレイク中の納言がネタバトルを繰り広げる。

TOKIOと嵐がタッグを組む日本テレビの元日恒例番組『TOKIO嵐』が、2020年も放送決定。10回目となる今回は、2020年元日18時からオンエアされる。また、同番組内で21時から放送される『嵐にしやがれ元日SP』には、“キングカズ”こと、三浦知良がゲスト出演することが明らかになった。

ページトップへ
Twitter Facebook