広瀬すずがヒロインを務める『連続テレビ小説 なつぞら』(NHK総合、毎週月~土曜8:00~)。8月12日からの第20週は、「なつよ、笑って母になれ」が放送される。

NHK連続テレビ小説100作目にあたる同ドラマは、大森寿美男によるオリジナル作品。戦争で両親を失い、北海道・十勝の大自然の中で育った少女・奥原なつ(広瀬)が、高校卒業後に上京し、当時草創期を迎えていたアニメーション業界へ。アニメーターとして、大自然の中で育まれたみずみずしい感性を発揮していく様子を描いていくストーリーだ。

なつが東洋動画で働き、夫の坂場(中川大志)が翻訳の仕事をしながら家事を行う新婚生活が始まった。アニメブームの中、なつは「魔法少女アニー」の原画を任される。その一方、妊娠して仕事に取り組む茜(渡辺麻友)を見て、働きながら出産することの難しさを実感する。

その頃、声優プロが多忙になった咲太郎(岡田将生)は、野上(近藤芳正)から「川村屋」や「風車」を含む新宿一帯が再開発され、それを期に光子(比嘉愛未)が引退することを聞かされる。咲太郎は光子へのプロポーズを決意し、「風車」でなつたちを集め、結婚の報告会を開く。そんな華やかな席の中、亜矢美(山口智子)だけはいつもの元気がなく……。

スイーツ開発をめぐり甘い恋が描かれる森七菜主演のTBS系火曜ドラマ『この恋あたためますか』の第2話が、10月27日に放送された。 コンビニチェーン「ココエブリィ」社長・浅羽拓実(中村倫也)から"一番売れる"シュークリーム作りを託されたコンビニのアルバイト店員・井上樹木(森)は、パティシエの新谷誠(仲野太賀)と共に、浅羽も納得のいくシュークリームを完成させる。スイーツ開発に新たな夢を見い出した樹木だ...

ページトップへ
Twitter Facebook