なつ(広瀬すず)、坂場(中川大志)

広瀬すずがヒロインを務める『連続テレビ小説 なつぞら』(NHK総合、毎週月~土曜8:00~)。8月5日からの第19週は、「なつよ、開拓者の郷へ」が放送される。なお、この週よりTEAM NACS森崎博之が十勝支庁長、“大清水洋”役で出演する。

NHK連続テレビ小説100作目にあたる同ドラマは、大森寿美男によるオリジナル作品。戦争で両親を失い、北海道・十勝の大自然の中で育った少女・奥原なつ(広瀬)が、高校卒業後に上京し、当時草創期を迎えていたアニメーション業界へ。アニメーターとして、大自然の中で育まれたみずみずしい感性を発揮していく様子を描いていくストーリーだ。

昭和41年の秋。ついに結婚を決めたなつ(広瀬)と坂場(中川大志)は、十勝の家族に報告するため北海道にやってきた。緊張しながらも、柴田家の面々に結婚の挨拶をする坂場。家族が増えると喜ぶ富士子(松嶋菜々子)や剛男(藤木直人)達だったが、坂場が失業中と聞き、泰樹(草刈正雄)は面白くない。

その頃、夕見子(福地桃子)らが勤める農協では、大手メーカーに対抗するため、自ら工場を新設し、乳業会社を造ろうという壮大なプランが動き始めていた。しかし、建設反対派と折り合いがつがず、組合長・田辺(宇梶剛士)をはじめ、泰樹や天陽(吉沢亮)ら十勝の酪農家が集まり、激しい議論になる。

そのとき、同席していた坂場の何気ない言葉がきっかけに、事態は思わぬ方向に動き始める。一方、「雪月」では、雪次郎(山田裕貴)がなにやら新しいお菓子を開発しており……。

米倉涼子主演の『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第6話が、11月21日に放送。インターネット上では、解散危機を乗り越え絆の強さを再確認した“ひろみちこ”コンビに注目が集まった(以下、ネタバレあり)。

ページトップへ
Twitter Facebook