6月26日に20周年のベストアルバムを発表した大野智二宮和也櫻井翔相葉雅紀松本潤)が、6月29日放送の『SONGS』(NHK総合、毎週土曜23:00~)に初登場。5人はこれまでどのようなポリシーで音楽活動にむきあってきたのか――大切にしてきた楽曲への思いとともに、彼ららしい強く前向きなメッセージを届ける。

国民的アイドルとして、常に第一線を走り続けている嵐。今回そんな嵐が、それぞれの足跡を語る上で思い入れのある自分たちの楽曲をピックアップしてもらい、メンバー一人ひとりにインタビューを敢行。心の支えになった曲や心に響いた曲とそのエピソードに迫る。

そこで浮かび上がってきたのは、「苦しかった時、胸に響いた歌詞」「多くの人に自分たちを知ってもらえたと実感できた曲」「今だからこそ聴いてほしい歌詞」など、嵐の20年分の歩みを語る上で欠かせない曲ばかり。

常に聞いてくれる多くのファンのために、自分たちにしかできないアイドル像を模索し挑戦を続けてきた彼らの思いを、心に残る名曲とともにひも解いていく。

スタジオパフォーマンスでも、思い入れのある3曲を披露。「a Day in Our Life」を400人のファンと共に、そして「Love so sweet」「君のうた」も『SONGS』でしか見られないスケール感のある特別な空間から届ける。嵐の5人にしか語れないポジティブなメッセージと極上のパフォーマンスに注目だ。

ページトップへ
Twitter Facebook