俳優の高橋一生が、4月4日から放送されるアニメ『ムーミン谷のなかまたち(原題:MOOMINVALLEY)』(NHK BS4K、毎週木曜19:30~)でスナフキン役を務めることがわかった。

フィンランドの国民的作家であり画家でもあるトーベ・ヤンソンによって生み出された「ムーミン」シリーズ。日本でも過去アニメ化され根強い人気を誇るムーミンを、『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』でアカデミー賞受賞したスティーブ・ボックスが監督を務め、フル4Kの全く新しいCGアニメーションとして作り上げた最新作だ。ムーミン谷を舞台に、好奇心旺盛で心の優しい、ちょっぴりセンシティブなムーミントロール(寺島惇太)が、ムーミンパパ(松本保典)、ムーミンママ(井上喜久子)、スノークのおじょうさん(津田美波)、リトルミイ(大谷育江)、スニフ(落合弘治)、じゃこうねずみ(金光宣明)、ヘムレン(太田哲治)、そしてスナフキンなどおなじみのキャラクターたちと繰り広げる日常を、美しい四季の移り変わりとともに描く。

高橋が担当するスナフキンは、思索を好む放浪者。ハーモニカを吹き、釣りをし、世界中を旅する。身軽に生きて行くことを好むため荷物は、リュックサックひとつのみ。嫌いなものは「~禁止」の看板……というキャラクター。今回の出演について、「大人と子供、達観と執着の間でいつも自分の心と向き合い、それでも春のはじめに近づくと、大好きなムーミントロールの事で頭がいっぱいになってしまうスナフキンが子供の頃から大好きでした。自由を好む彼の心が紡ぐ、宝石のような言葉を反すうしていく収録が楽しくて仕方ありません。しばらくの間、スナフキンを通してムーミン谷で過ごせることを心から嬉しく思っています」とコメントを寄せている。

なお、今回はシーズン1として13話が放送。シーズン2は2020年1月に放送が予定されている。

アニメ『名探偵コナン』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜18:00~)4月10日の放送は、ファンにも人気の高い「緋色シリーズ」のデジタルリマスターとなる第4弾「緋色の帰還(真相)」が放送された。 “沖矢昴は赤井秀一の変装だ”と考え、沖矢昴が居候している工藤邸に乗り込んだ安室透。ハイネックの中に隠し、声を変えているであろうチョーカー型変声機を確認して追い詰めようとするが、そこには何もなかった。狼狽える安室のもとに一本の電話が入る。それは、来葉峠でジョディとキャメルを追う人物たちからだった。...

ページトップへ
Twitter Facebook