}

著名人の家族の歴史を本人に代わって徹底取材し、アイデンティティや家族の絆を見つめるドキュメント番組『ファミリーヒストリー』(NHK総合、月曜19:30~※月1回)。12月17日の放送は、「三木谷浩史~経営者の原点 戦国武将の魂~」と題して、楽天社長・三木谷の祖先に迫っていく。

三木谷の父方の祖母は、徳川家康の側近・本多忠勝の子孫で、一家は明治になると華族となるが没落。そんな家に生まれた祖母は16歳で結婚、18歳で夫を亡くすも、たばこ屋を営み、息子を育てあげたという。

一方、母方は商才に富んだ家系の出身。親戚にはミノルタカメラの創業者がおり、祖父はニューヨークや上海で活躍した商社マンだったとか。今回、三木谷の母がテレビ初登場し、息子の素顔を明かす。

『「生食パン」の焼きたてを再現!?』動画はこちら 食生活の変化に伴い、今や「パン」の1世帯あたりの年間支出額は「米」を上回っています。こうした「パン人気」を背景に、シャープがトースターの新製品を発表しました。 現在、パン好きの人たちの中でも人気なのが"生食パン"と呼ばれる高級食パンです。 小麦粉やたまごなどの原料にこだわり、 トーストしなくても素材の味を感じられると評判です。 ただ"生食パン"の多...

ページトップへ
Twitter Facebook