岩田剛典、真木よう子

真木よう子が主演を務める土曜ドラマスペシャル『炎上弁護人』(NHK総合)が、12月15日(土)21時から放送される、劇中で真木は世間やマスコミにバッシングされ“社会の敵”となった人々を担当するアウトローな弁護士・渡会美帆を演じる。

本作は、『ギフト』や『白い巨塔』などで知られる井上由美子脚本の単発ドラマ。ネット世論によって犯人が決めつけられ、“裁き”が下されかねない時代に立ち向かう、一人の弁護士の姿を描いていく。

SNSが炎上し放火の加害者扱いにされてしまう主婦・日下部朋美を仲里依紗、美帆とともに朋美の事件を追いかけるWEBニュース記者・馬場明を岩田剛典三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)が演じる。

真木は「誰が本当の犠牲者で、加害者は何者なのか。現代のこの流れにどこか“これでいいのか?”と、思っていらっしゃる方々の気持ちがスカっとするようなドラマです。ぜひ、多くの方々に御覧になって頂きたいと思っております」と本作についてコメントしている。

<あらすじ>
実家の2階で“宅弁”を営む弁護士・渡会美帆(真木)のもとに、依頼人の主婦・朋美(仲)が現れる。彼女のSNSはタレント並みのフォロワー数を誇っていたが、自分に冷淡だったマンション業者のモデルルームが火災にあった映像をSNS発信したことで、「拡散を狙った自作自演の放火では?」と疑われ、一気に炎上したのだ。SNSの炎上案件という勝ち目の薄い状況に迷う美帆だが、朋美に対する攻撃のひどさにあえて依頼を引き受ける。だが朋美の自宅がネット民に割り出されて襲撃にあい、さらにマンション業者には信用棄損で訴えられ、高額の損害賠償を要求される。
業者側の弁護士・北坂(小澤征悦)は、かつて大手事務所で公私に渡るパートナーだったが、とある案件で美帆を裏切り、事務所を辞める原因となった因縁の相手だった。追い詰められた朋美を守るため、美帆はネット記者の馬場(岩田)と組んで、ネット中継で朋美自ら無実を訴えさせる決断をするが……。

この秋、2年ぶりに待望の新シリーズをスタートさせる米倉涼子主演の大ヒットドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』。10月17日(木)のスタートに向けて期待が高まるなか、ついに9月上旬に第6シリーズがクランクインした。

ページトップへ
Twitter Facebook