マツコ・デラックス有働由美子の強力タッグと、NHKが独自に開発した人工知能「AIひろし」がぶつかり合い、日本が直面する課題の解決策を探るシリーズ『NHKスペシャル AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン』(NHK総合)の第3弾「健康寿命」が、10月13日(土) 21時から放送される。

「健康寿命」とは、元気に何歳まで過ごせるかを示す値で、「平均寿命」との差が短ければ短いほど、多くの人が死ぬ間際まで元気な“ピンピンコロリ”の人生を送ることができる。しかし、日本ではこの差が男性で9歳、女性は12歳もあり、その間は寝たきりや介護状態などで暮らしているという。この差を短くして、老後の人生を豊かに、そして医療費や介護費を減らすことにつなげたいが、まだ解決策は見えていない。

この難題に立ち向かうため、「AIひろし」は日本の65歳以上の生活データを学習し、老後も元気な人の秘密を解き明かすことに。

そのAIの解析結果を読み解き、番組で紹介する提言は意外なものばかり。「運動や食事よりも、大事な生活習慣とは」といった日常に関わるものや、「健康寿命を左右するのは、住んでいる地域の治安」という意外な関連性、さらには「子どもと同居するより、1人暮らしがいい」など一見信じられない大胆なものが続々と登場し、その提言をもとに、マツコと有働、専門家が大激論する。

"人生100年時代"となった今、長い人生を楽しく生きるために40歳代から知っておきたい「移住」「開業」「再就職」などの情報をお届けする「カンニング竹山の新しい人生、始めます!」(BSテレ東 毎週日曜夜9時)。「テレ東プラス」では、11月17日(日)放送の内容を、先取りでご紹介します!今回紹介する「新しい人生の先輩」は、千葉県鴨川市で農業を営む増田陽光さんと(67歳)、洋子さん(64歳)ご夫妻。日本の棚田100選に認定されている景勝地・大山千枚田に移り住んで7年。都会の郵便局員から米農家となり、里

ページトップへ
Twitter Facebook