}

女優の真木よう子が、12月15日(土)21時放送の土曜ドラマスペシャル『炎上弁護人』(NHK総合)に出演することが決定。真木は、世間やマスコミにバッシングされ“社会の敵”となった人々を担当するアウトローな弁護士・渡会美帆を演じる。

本作は、『ギフト』や『白い巨塔』などで知られる井上由美子脚本の単発ドラマ。ネット世論によって犯人が決めつけられ、“裁き”が下されかねない時代に立ち向かう、一人の弁護士の姿を描いていく。

ある日、弁護士の美帆は、ネットで炎上し“加害者扱い”された主婦・朋美(仲里依紗)と面会。朋美に対する攻撃の酷さから弁護士として依頼を引き受けた美帆は、SNSの炎上案件という、勝ち目の薄い戦いに挑む。そして、その戦いの中、依頼人と弁護士という立場を越え、2人は固い絆で結ばれていく。

真木は、「今やネット炎上や、SNSから発信される情報での事件発覚など、私たち表に立つ人間でなくとも皆様全員が襟を正さなければ、次は我が身と姿勢を伸ばす社会になったように思います」と今の社会のあり方に言及。

そして、「誰が本当の犠牲者で、加害者は何者なのか。現代のこの流れにどこか“これでいいのか?”と、思っていらっしゃる方々の気持ちがスカっとするようなドラマです。ぜひ、多くの方々に御覧になって頂きたいと思っております」とアピールした。

本作は、真木や仲のほか、岩田剛典三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、岡山天音片桐はいり小柳ルミ子宇崎竜童小澤征悦らの出演が決定している。

カウンターが"コの字"の店は、左右、斜め、人の顔が並び、上座も下座もないフラットな場。人と人が触れ合う"コの字酒場"を舞台にしたドラマ「今夜はコの字で」(毎週月曜深夜0時放送)が、BSテレ東にて放送中。第3話では、恋人との約束がキャンセルになった先輩・田中恵子(中村ゆり)に誘われ、吉岡としのり(浅香航大)は地元・横浜の「のんきや」へ。横浜駅西口を出て右に、1分ほど歩くと再開発のビルの空き地が途切れ、取り残されたような昭和の匂いが残る一角があります。小さな路地「狸小路」の目印のようなコの字酒場が、

ページトップへ
Twitter Facebook