女優の深田恭子が、9月15日(土)に放送されるスーパープレミアム『日仏友好160年 とことんフランス!魅惑の5時間スペシャル』(BSプレミアム、18:30~)で、メインパーソナリティーを務めることがわかった。深田のほか、宮本亜門大久保佳代子渡部豪太、ドラ・トーザン、和久田麻由子アナウンサーらが出演する。

今年は、日仏友好160年の記念の年。パリでは7月から、官民をあげた一大文化イベント「ジャポニスム2018」が開かれている。番組では、とことんフランス三昧の「日仏祭り」を5時間にわたってオンエア。深田自らパリに出向き、19世紀にモネなどの芸術家に大きな影響を与えたジャポニスムと、21世紀の日本が創造する新しいジャポニスムの両方を体験する。

また、フランス料理と日本酒のマリアージュなど、異なる文化と文化が出会い融合するとき、何が生まれるのかをリポート。さらには、ベルサイユ宮殿も訪問、フランスの魅力をたっぷりと伝える。このほか、パリで大ブームの魚の「活け締め」や「漫画」などの日本文化をパリ在住の中村江里子辻仁成が徹底取材。そして「質屋」を通して、フランス人の知られざる暮らしを見つめるドキュメント(ナレーターは船越英一郎)、「世界入りにくい居酒屋」のフランス特集も登場。

エッフェル塔が"日本の美"に染め上げられる9月、パリ案内人として出演するフローラン・ダバディ(ジャーナリスト、サッカー日本代表トルシエ監督の通訳を務めた)と、セーヌ川の河岸で日仏友好について語り合うなど、深田は様々なフランスを紹介する。

ページトップへ
Twitter Facebook