2020年大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合)の制作発表が、4月19日に渋谷の同局にて行われ、長谷川博己が主人公の明智光秀を演じることがわかった。脚本は、第29作『太平記』(NHK総合)や『破獄』(テレビ東京系)を手がけた池端俊策が担当する。

ムロツヨシ、古田新太、田中圭が出演するドラマ24『Iターン』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の第7話が、8月23日に放送。インターネット上では、目的のためならどんな手段も惜しまない竜崎組の組長を演じる田中の“演技の振り幅”に注目が集まった。

ページトップへ
Twitter Facebook