10月11日の『先人たちの底力 知恵泉(ちえいず)』(Eテレ、毎週火曜22時~)は、「人の力を引き出すには?~独眼竜政宗の名コーチ!片倉小十郎」と題して放送。ゲストに、メンタルトレーニングの第一人者・高妻容一氏を迎え、片倉小十郎景綱(かげつな)の伊達政宗への向き合い方から、人が持っている力を最大限に発揮させる知恵を学ぶ。

戦国時代のスーパースター、独眼竜・伊達政宗の名参謀・片倉小十郎景綱は、政宗より10歳年上で、政宗が9歳の時に傅役(もりやく)として仕えて以来、一心同体となって政宗を支え続けた。少年の頃の政宗が、自らのコンプレックスを克服しようと命がけの勝負に出た時、小十郎はある壮絶な手段で手助けをする。それは政宗を英雄へと変身させるきっかけとなった事件だった。

また政宗が20代半ばの時、天下統一を前にした秀吉から北条討伐のため小田原への参陣を命ぜられる。秀吉に屈服するか、抗戦するか。絶体絶命のピンチを迎えた政宗に対し、小十郎は巧みな比喩を使って、小田原行きを進言。その一言が政宗の気持ちを落ち着かせ、秀吉の前での歴史的なパフォーマンスへとつながっていった。主君、政宗を奥州の覇者として武勇の誉れ高い戦国武将へと導いていった小十郎。政宗をトップアスリートとするならば、まるで小十郎は名コーチのような存在。その小十郎の知恵を、スポーツ心理学が専門で、メンタルトレーニングの第一人者・高妻氏と読み解いていく。

2月24日(日)に放送される『関ジャム 完全燃SHOW』では、「これを踏まえて聴いてみて! 『これはやられた! プロが唸った名曲』」と題し、売れっ子音楽プロデューサーの蔦谷好位置とヒャダインが、度肝を抜かれた曲をピックア

ページトップへ
Twitter Facebook