小野賢章は芸人でもイケる!? お互いの印象を大暴露!】

――皆さんすごく仲良さそうですけど、お2組と小野さんは初共演なんですよね?

那須:うしろシティとは同じ事務所の先輩後輩なので、普段から一緒に仕事をしていましたが、小野さんとは初めてです。

金子:入りづらいだろうに……と思いきや、小野さんはスッと入ってきました。根底に、ちょっとだけ芸人でもイケる所があるんでしょうね(笑)。

小野:好きなんですよねぇ~(笑)。

――小野さんは、お2組の印象は?

小野:お芝居上手いな~と思います。さっきも言いましたけど、やっていて楽しいです。リテイクの時の返しが、芸人さんだなって。「あ、Bパターンね」とか。僕も技を盗ませていただき、別の現場で「あ、そっちのパターンですか」って使ってます(笑)。

――お2組は、小野さんの印象は?

阿諏訪:普段すごく優しくてほのぼのとしているのに、マイクの前で声を出すと、急にすごい!

中西:監督さんのイメージを言われて何回もやってみるんですけど、僕らはNGが多いんですよ。「そうじゃない、そうじゃない」って言われて。でも、小野さんの場合は、監督さんが一発で「それですね!」ってOK出していて。すごいです。

金子:小野さんを無駄使いしていると思います。これだけイケてる声の人を、脇の強烈なキャラに使っているって! 小野さんのファンの方は、小野さんのそういう役回りのキャラクターをあまり見たことないと思うので、レアですよ!

小野:(ファンの方は)すごく楽しんでくれています。

阿諏訪:声のプロなので、ちょうど“面白い”ボリュームや抑揚などのポイントがわかっていらっしゃる。僕らは芸人なので、顔とか動きとか全部含めて何とかしようとしているじゃないですか。声だけでやるって本当にすごいなと思います。

中西:たまぁ~に小野さんも噛んだりするんですけど、その時に「あ、同じ人間なんだな」って思います(笑)。

――これまで放送された中で、お気に入りのエピソードはありますか?

阿諏訪:一番インパクトあったのは、やっぱり第1話。1話をアフレコした際、動いている絵を見ずに声をあてていたので、それがアニメになった時はすごく感動しました。

金子:僕も1話ですね。収録の時、小野さんの声で笑ったりしてたんですけど、ボルトの絵がはまって、完成した時の方が面白かったです。

小野:エンディングがまったくテイストが違っていて、それも結構衝撃でした。

一同:確かに!

阿諏訪:あっちの方が人気出るんじゃ……(笑)。

小野:歌詞を新海岳人監督が書いていたので、たぶんコレ(指で〇を作る)もすごいんじゃないでしょうか。

一同:爆笑

中西:作詞の話になると新海監督の目が光ります。

"働く人々"を通して現代社会を描く「ドラマBiz」第8弾として放送中の「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」(毎週月曜夜10時。BSテレ東は、毎週金曜夜9時)。初回視聴率は、「ドラマBiz」始まって以来の8.1%を記録。今もなお快進撃が続いています。多額の借金を抱えた病院が倒産の危機から復活を遂げた実話をベースにし、医師・有原修平(小泉孝太郎)が病院を治療していくストーリーは、実にリアル。既存の医療ドラマとは切り口を変え、日本の地域医療に一石を投じる作品に仕上がっています。そこで「テレ東プラス

ページトップへ
Twitter Facebook