六角慎司甲本雅裕大杉漣が出演する、会話劇「事件は会議室で起こっている。」の新作3本が、2月9日放送の『Eテレ・ジャッジ』(毎週火曜 23時25分~)に登場する。

同プログラムは、視聴者と新しい5分番組を開発する企画オーディション番組。毎期、4つの企画がトーナメント方式で戦い、50人の視聴者審査員の投票で勝ち抜いた1企画が、続編を制作できるという仕組みだ。

今週は6・7月に放送されたバトル5の優勝企画「事件は会議室で起こっている。」の新作3本をまとめて一気に見るスペシャル。「事件は会議室で起こっている。」は、六角、甲本、大杉が演じる三人の男たちが、“危機管理”を意識するあまり、目的を見失っていく様を描いたもの。毎回、会議室で、豪華俳優陣が繰り広げるワンシチュエーションの会話劇が魅力のコメディ―だ。今回の新作3本は、3人が同じ役割でありながら、毎回設定を変化させ、パワーアップした内容に仕上がっている。

また、スタジオにはバトル5のインフルエンサーである宇多丸(ライムスター・MC)と番組制作者を招き、作品の魅力や舞台裏について語りあう。

誰からも愛される社長、天才クリエイター、凄腕の編集者など、ビジネスマンにとっての数々のロールモデルが日々現れています。しかし、そこにあの職業はまずありません。それは何かと言えば、私たちの身の回りにいるけれど、普段あまり意識することのない"公務員"。しかし「ビジネスマンは公務員から学ぶべきことがある」と話すのは、"今、最も公務員に読まれるウェブサイト"と呼ばれ、数々の公務員を取材してきた「Heroes of Local Government(HOLG.jp)」の編集長加藤年紀 さん。「出る杭は打た

ページトップへ
Twitter Facebook