個性派俳優の加藤諒が、10月29日の『オトナヘノベル』(Eテレ 毎週木曜 19:25~)で、10代の体験談から生まれたストーリーをドラマ化した「ハデス・バトラー -破滅の女神-」に出演。ゲームにはまりすぎた高校生役を熱演する。この「ゲーム依存」をテーマにしたドラマは2週連続放送される。

「普段は女子と上手く話せない僕が、ゲームの中では、カッコいいモテモテ戦士」など、リアルでは叶わない願望や夢を、簡単に手に入れることができるのもゲームの魅力だ。でもはまり過ぎると、楽しいはずのゲームにのみこまれ、普段の生活にも支障をきたしはじめる。気がついたときには、仮想と現実の区別がつかなくなり、ゲームが人生の全てになってしまうケースも……。ドラマ1週目は、ゲームにはまっていく10代ならではの心理を見ていく。

また、この物語の小説は、番組公式サイトから無料で読むこともできる。

ページトップへ
Twitter Facebook