堺雅人が主演する、2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』。10日、渋谷の同局にて新たな出演者発表会見が行われ大泉洋、木村佳乃、草刈正雄、高畑淳子、草笛光子、寺島進、中原丈雄、藤井隆、平岳大、段田安則、遠藤憲一、吉田羊、藤岡弘、高嶋政伸、斉藤由貴、近藤正臣、内野聖陽が出席した。

主人公・真田信繁(幸村)役の堺は、自身の役どころについて「真田信繁という武将は、全国の戦国大名の中では、本当に小さな小さな大名で、その家のなかでも真田信繁というのは次男坊という、本当に、先頭に立って引っ張っていく存在というよりは、二番手・三番手、あるいは、一番後ろ殿に立って全体を見渡すような人物なのではないかと思っております」と分析。そして、「『真田丸』一艘の船に例えられていますが、周りの逆風に翻弄されながら、そして乗組員の人たちの色んな、あったかい愛情とか強さとかに弾かれながら、決して僕自身のペースを作ることなく、くるくる回りながら翻弄されながら、そういう一年になるのではないかと思っています。それがとても楽しみで、今もこうやって皆様の素晴らしいお顔と素晴らしい演技を期待しながらワクワクして、全く自分のペースがつかめないでいるのですが、そういう一年を楽しみたいと思っております」と語った。

続いて、信繁の兄・真田信幸役の大泉は、「しゃべるよこの人と言われましたが、さすがに私もこの豪華なキャストと大河ドラマで、また真田信幸という非常に人気のある役ですし、長野の皆さんの誇りとも言えるような信濃の獅子と言われた男連中ということで私の今までのイメージとはだいぶ違う役になりますので、誠実に演じられればと思っています。戦国時代という、誰を信じていいかも分からないような時代の中で、真田家の家族の愛というのだけが、信じうるものとして、台本の中にしっかりとあるのが、凄くうれしくて、私も家族を大事にしておりますので、戦国時代の中でも家族への愛ですとか優しさみたいなものは見せていければなと思っています」と意気込みを見せた。

信繁の兄弟の姉・松役の木村は、「魅力的な松を演じたいと思っております。一つだけどうしても言いたい事がございまして、私、堺さんと大泉さんの姉を演じさせて頂くんですが、実は私、3人の中では一番若いという事だけ、お伝えしたいなと思っております」と笑いを誘った。

そして、真田に仕える忍び・佐助役に抜擢された藤井は大河ドラマに初出演。「佐助は忍術を使うという事で今猛特訓中ですので、ご期待頂ければと思います」と語った。

また、信繁の生涯のライバル・徳川家康役の内野は、「台本を読んでいて思わず、台本が手から滑り落ちてしまうくらいに変わった奇想天外な家康像が現れると思います。三谷さんの本ですから、やはりユーモアのセンスたっぷりで、書かれていますが、やはり数年前に私も、大河ドラマ出させて頂いて、戦国時代を生き抜いた経験がありますので、そこはやっぱり経験がというか、演じたというか、そこは家康の持つ戦国武将としての威厳と言いますか、力強さを表現しながら三谷さんの家康を存分に楽しんで遊びたいと思っております」と目を輝かせた。

この日は、脚本を担当する三谷幸喜が記者席にまぎれ、登壇者に質問をするというサプライズもあり、ユーモアたっぷりの会見となった。

関連ワード

杉野遥亮が本人役で主演を務めるドラマ『東京怪奇酒』(テレビ東京)の第2話が2月26日に放送された。原作は、清野とおるの体験談を描いた漫画『東京怪奇酒』(KADOKAWA)で、監督・プロデュースは、『山田孝之の東京都北区赤羽』をプロデュースした太田勇。ホラーが苦手な杉野が原作と同様に毎回さまざまなゲストから心霊話を聞き、心霊スポットに行って酒を飲む「怪奇酒」を体験するという内容である。 今回のゲスト...

ページトップへ
Twitter Facebook