千鳥・ノブ弘中綾香アナウンサーの“ノブナカ”コンビが思わず「なんなん?」と言いたくなるクセのある人々に注目し、その驚きの人生をのぞき見するドキュメント番組ノブナカなんなん?

5月15日(土)は、芸能界でもとくにピンクが好きな青山テルマとピンクをクールに着こなす神尾楓珠がゲストで登場。ノブもはじめて全身ピンク衣装に身を包み 「ピンクに取り憑かれた女って…なんなん?」をお届けする。

髪をピンクに染めた”ピンク族”。なぜピンクに惹かれるのか、どれだけピンクを満喫しているのか? ピンク髪が珍しいことではなくなってきた今、ピンク愛が強い4人の女性に密着取材し知られざる生態を一斉調査。笑いや涙であふれる魅力的な人生が明らかになる。

◆“ピンク”にこだわる女たちの生き様

まず紹介するのは、“ピンクレベル7”の多田多延子さん(52)。かなりお堅い場所で待ち合わせをしたかと思いきや、黒いスーツの人々を前に何やら熱弁を振るう。

多田さんはこの日、着ているものは当然のこと、ネイルも宝石もオーダーメードで作ったハイヒールも、手帳やマスクケースまでもがピンク。 何やらセレブと交流があり、「365日ピンクです」と語る多田さんは一体何者なのか。住まいのある広島県を訪ね、謎多き多田さんの正体を探る。

また、ありとあらゆるものをピンクで揃える多田さんは自称「ピンク社長」とのこと。そんな彼女にとってピンクとはどんな存在なのか?

兼近大樹もピンクへの思い熱弁!

多田さんに続くのは、“ピンクレベル3”のめーてるさん(27)と“レベル10”のまっぴーさん(21)。ふたりは20代ならではのピンクへのこだわりや、テルマも共感する悩みなどを打ち明ける。

そして最後には「私がピンクのお姉さんです」と語る最強のピンク女、“レベル10”の濱名靖代さん(35)が登場。画面がピンク一色になるような、濱名さんの“ピンクライフ”に迫る。

ある商売をする濱名さんの店は当然ピンクだらけ。店員の女性もピンクなら、「濱名教の信者です」と話す女性のお客さんもピンクだ。

濱名さんは2020年に結婚したとのことで、旦那さんはピンクが大好きな奥様をどう思っているのか尋ねると、旦那さんもまさかのピンク。今回は至るところがピンクに包まれた愛の巣にも潜入する。

さらに今回、テルマに負けず劣らずピンクが好きなEXITの兼近大樹がVTRで登場。“ピンク男子”としてのこだわりを熱弁する。

※番組情報:『ノブナカなんなん?
5月15日(土)よる10:25~よる10:55、テレビ朝日系24局

※『ノブナカなんなん?』最新回は、「TVer」にて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中!

テレ朝POST

民放各局が制作した番組を中心に、常時約350コンテンツをすべて無料で配信している民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」では、7月19日(月)から8月29日(日)に「TVerフェス!SUMMER2021」を開催する。

ページトップへ
Twitter Facebook