過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

5月3日(月)放送の同番組では、人気YouTuber“エミリン”こと大松絵美が登壇。

声優、アナウンサー、キャスター、芸人、そしてYouTuberと、周囲に流されて目指すものをコロコロと変えてきた彼女が、これまでのしくじり人生を激白する。

◆人気YouTuberがもっていた“偏見”

チャンネル登録者数約153万人を誇る大人気YouTuber“エミリン”。

トップYouTuberから大物芸能人まで次々とコラボを実現し、動画の総再生数は驚異の約7億6000万回(2021年4月時点)。今ではバラエティー番組にも出演し幅広く活躍している。

そんな大成功を収めているエミリンだが、ほんの数年前まではYouTuberに対し、こんな思いをもっていたという。

「スゴく面白くない人たちがスゴく面白くない動画を作っている、最底辺の職業」

YouTuberを「クソほどバカにしていた」というエミリンが、なぜなりたくなかったYouTuberになったのか? そこには、人の意見に流されやすいという彼女の性格が関係していた。

◆簡単に人の意見に流されてしまう

高校生のころから「なんでもいいから有名になりたい」と思っていたエミリン。当時は「声がイイから声優になれば?」と友人にすすめられ、声優を目指していた。

しかし、声優養成所への入学を両親に反対されると、あっさりとこの夢をあきらめ、今度はアナウンサーにあこがれるように。

大手事務所主催のバラエティ・タレント・キャスター部門のオーディションに参加するが、いざ会場に着くと「やっぱりバラエティタレントになろう」とこれまた方向転換。自分より容姿のいい参加者たちを見て一瞬で気が変わったのだ。

こうしてバラエティタレントを目指してオーディションに挑んだエミリンは、持ち前の強心臓で「もし劇団四季の人が童謡『ぞうさん』を歌ったら」というネタを披露し、見事バラエティ・タレント・キャスター賞を受賞。大手事務所への所属が決まる。

その後、22歳で上京してからは、本格的に芸能活動を開始。

当時のマネージャーから「女芸人で売っていこう」とすすめられ、「自分にはお笑いの才能がある」と自信をもっていたエミリンは、“エミリン星からきた姫”という不思議ちゃんキャラで芸人活動をスタートさせる。

今回は、当時の貴重な映像の数々を見ながら、エミリンのこれまでの歩みを紹介する。

 

◆「バカリズム」を目標にするも鳴かず飛ばず

不思議ちゃんキャラとして芸能活動をスタートしたエミリンだったが、芸人としての実力不足のため、なかなか芽が出なかった。

「本当になりたかったのはバカリズムさんみたいな芸人」というが、ネタライブに出演するも鬼スベリし、芸人仲間もできず、テレビ番組に出演しても自己紹介以外全カットというありさま。

人の意見に流され続け、不思議キャラ系芸人になるもまったく日の目を見ず、孤独な日々を送っていた。

そんなとき、“キャラ芸”の先輩でもある小倉優子のある告白を聞き、さらなる絶望へと突き落とされたというが…。

はたしてエミリンは、ここからどんな経緯でYouTuberになったのか? そして、YouTuberになってみて抱いた思いとは?

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!
2021年5月3日(月)深夜0:15~深夜0:45、テレビ朝日

※放送終了後から「ABEMA」でも配信!
(1週間無料配信。その後は1年間、有料にて配信)

テレ朝POST

国民的大人気漫画「名探偵コナン」が4月16日(金)、一年ぶりに劇場版「名探偵コナン」最新作「緋色の弾丸」を公開!ということでコナンマニアの徳島アナウンサープレゼンツ「みんなのコナン’sベスト座談会」を開催🎊テレビ界屈指のファンと一緒に、コナンの愛

ページトップへ
Twitter Facebook