『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(2019年)など衝撃作を次々と手掛けてきた今最も旬な脚本家・武藤将吾が紡ぐオリジナルストーリーをもとに、桜の代紋を掲げる“警視庁の頂点・警視総監の座をめぐる激しい出世バトル”と

ページトップへ
Twitter Facebook