華麗なる家庭で育ち、言いたいことを遠慮なく口にしちゃう石原良純長嶋一茂高嶋ちさ子の怖いもの知らずのメンバーが、いま世間をザワつかせている社会現象について独自トークを繰り広げる『ザワつく!金曜日』。

3月5日(金)の放送には、歌舞伎界のプリンス・尾上松也がゲスト出演した。

◆「麺が伸びてんだよ」

ラーメンが大好物だという尾上は、大好評企画「第4回全国ご当地カップ麺No.1決定戦」に参戦。ザワつくトリオとともに、全国から集められた5品を審査した。

カップ麺の感想をそれぞれが口にするなか、男性陣は自分たちの専門分野の言葉を使ってその味を表現する流れになる。

まず口火を切ったのは一茂。北海道の函館塩ラーメンを「北海道が生んだスター、若松勉さん」と元ヤクルトのレジェンドに例え、良純も「気象用語でいうと、“秋雨前線”」とコメント。ゲストの尾上は「大きくて長いものに巻かれない。この大きさをもっている方は市川海老蔵さん」と、歌舞伎役者に例えてみせた。

残りのカップ麺もそれぞれの業界に例えてみようという一茂の提案で、その後も試食のたびにこの例えを繰り返すことに。

すると、一茂が例えに時間をかけすぎて、進行役のサバンナ高橋から「(次の)ラーメンができているので、早くしろって」と言われてしまう。

その後に用意されたカップ麺を食べたちさ子は、「さっきのくだらない野球の例えが長すぎて、麺が伸びてんだよ」と苦言。

一茂は調子に乗りすぎたことを反省し、尾上もちさ子の顔色を見て震え上がる事態となる。

その後、男性陣はカップ麺が伸びないよう全員が“早口”で例えていた。

◆「僕地雷踏みました?」

この日の放送では、5歳の子どもから番組に届いた質問も紹介。

「どうしたらカッコいい大人になれますか?」という質問内容に、ちさ子は「カッコいい方だけ答えればいいんじゃないですか」と、尾上に水を向ける。

尾上はこの質問に、「一生ふざけつづけること」と答え、いつも番組でふざけ倒している一茂や良純を指して、「ふざける心を忘れないって大事だと思います」と笑った。

ところがこの回答に不満をあらわしたのは、紅一点のちさ子。「ピーターパンとか売りにする。それで母性をくすぐろうってさぁ」とピシャリと論破する。

これには尾上も参ったといった様子で、「僕、地雷踏みました?」と苦笑いしていた。

番組情報:『ザワつく!金曜日
毎週金曜日 よる6:45〜、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

※『ザワつく!金曜日』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

テレ朝POST
ページトップへ
Twitter Facebook