借金2000万でつくった「車いすのまま運転できるバイク」。開発者が感じた「赤字でもやりたくなるような感動」

テレ朝POST

テニスの現役を退いてから、“応援”することを生きがいにしている松岡修造。 現在は「松岡修造の2020みんなできる宣言」と題し、2021年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けてがんばる人たちを応援している。