23歳のときに単身訪れたアメリカで俳優として生きていく決意をしたという金山一彦さん。ドラマ、映画、Vシネマに多数出演し、1995年には映画『無頼平野』(石井輝男監督)、『新・悲しきヒットマン」(望月六郎監督)でヨコハマ映

2020年10月期にテレビ東京系列で放送された、童貞のまま30歳を迎えたことにより“触れた人の心が読める魔法”を手に入れた安達清(赤楚衛二)と、そんな彼に好意を抱く同期・黒沢優一(町田啓太)によるラブコメディ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(通称「チェリまほ」)の映画化が決定。『チェリまほ THE MOVIE 〜30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい〜』のタイトルで、2022年4月8日(金)に劇場公開される。

ページトップへ
Twitter Facebook