山里亮太(南海キャンディーズ)と、あざとい女子の二大巨頭・田中みな実&弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)。最強で最高の3人が“あざとさ”について語り合う唯一無二のバラエティ『あざとくて何が悪いの?』。 これまで番組では、

4月や10月になるとテレビは新番組が始まる。そうなるとその視聴率を受けて「あの番組、大コケ!」「爆死!」なんてネット記事が踊る。事実そうなんだから仕方ない面はあるのだが、それって本人にとってどれほどショックなのか、ちょっと考えてみました。 まず、本人って誰よ? という問題があります。看板を背負っているタレント? ドラマなら主演俳優? スタッフも本人なのか? 視聴者でめちゃめちゃ愛してくださる人にも当人意識はあったりするのでは?? 自分の応援が足りないからこんな結果になっちゃったんじゃないか...

ページトップへ
Twitter Facebook