日本を代表するアニメーション監督・新海誠氏が2019年夏に世に放った映画『天気の子』。 観客動員数1000万人超、興行収入140億円を突破し、第43回日本アカデミー賞・最優秀アニメーション作品賞にも輝いた同作が、2021

1979年、映画『もっとしなやかに もっとしたたかに』(藤田敏八監督)、映画『もう頬づえはつかない』(東陽一監督)で注目を集め、1986年の映画『海と毒薬』(熊井啓監督)では第37回ベルリン国際映画祭・銀熊賞審査員グラン

ページトップへ
Twitter Facebook