日本を代表するアニメーション監督・新海誠氏が2019年夏に世に放った映画『天気の子』。 観客動員数1000万人超、興行収入140億円を突破し、第43回日本アカデミー賞・最優秀アニメーション作品賞にも輝いた同作が、2021

映画『キネマの天地』(山田洋次監督)や、ドラマ『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)の清純派で優等生なイメージを払拭すべく、ヤクザの情婦、殺人犯などさまざまな役柄に果敢に挑んできた有森也実さん。 映画『新・仁義の墓場』( 三池崇史 片嶋一貴 古田新太 片嶋一貴

ページトップへ
Twitter Facebook