1993年、映画『二十才の微熱』(橋口亮輔監督)で女優デビューし、映画『愛の新世界』(高橋伴明監督)での体当たりの演技で話題を集めた片岡礼子さん。 映画『KAMIKAZE TAXI』(原田眞人監督)、映画『鬼火』(望月六

1979年、映画『もっとしなやかに もっとしたたかに』(藤田敏八監督)、映画『もう頬づえはつかない』(東陽一監督)で注目を集め、1986年の映画『海と毒薬』(熊井啓監督)では第37回ベルリン国際映画祭・銀熊賞審査員グラン

ページトップへ
Twitter Facebook