40歳のときに経験した滝田洋二郎監督の映画『病院へ行こう』、ドラマ『ネットワークベイビー』(NHK)、映画『ゼイラム』(雨宮慶太監督)の3本が俳優人生のターニングポイントだったという螢雪次朗さん。 俳優として注目を集め、

19歳のときに劇団「シェイクスピア・シアター」の創設メンバーとして参加し、唐十郎さん主宰の「状況劇場」を経て、1986年に映画『夢みるように眠りたい』(林海象監督)で映画主演デビューを飾った佐野史郎さん。 映画『

ページトップへ
Twitter Facebook