『ドラえもん』連載開始50周年となる今年、同作映画シリーズ最新作となる『映画ドラえもん のび太の新恐竜』が8月7日(金)に公開される。 映画第1作目が公開された1980年から40年目となる今年、同作の脚本を手掛けるのは、

9歳で落語をはじめ、祖父である人間国宝の故・5代目柳家小さん師匠の最後の内弟子となり、22歳で“戦後最年少の真打”となった柳家花緑さん。 小さん師匠は1996年、80歳のときに脳梗塞を患い、少し身体に麻痺が残ったものの、

ページトップへ
Twitter Facebook