警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査する『未解決の女 警視庁文書捜査

「潤 沢」のたかっし(阿部サダヲ)との出会いなど「いろいろあって完全にバカになった」観山家一同は、一切の毒気を抜かれ、松任谷由実の「BLIZZARD」を歌いながら家族旅行の帰路についたのだった。なんだか不思議な多幸感に満ちた6話とは対照的に、寿三郎(西田敏行)の認知症の悪化疑惑や、要介護2認定、秀生(羽村仁成)の親権を巡る元妻・ユカ(平岩紙)と寿一の双方の弁護士を交えた話し合いと、なかなかシビアな...

ページトップへ
Twitter Facebook