霜降り明星の冠レギュラー番組霜降りバラエティ。1月16日(木)の放送では、前週に引き続き「R-1芸人VSお笑い第7世代」が放送された。

©テレビ朝日

「R-1ぐらんぷり2019」王者である粗品が、R-1芸人の面白さを伝えるために直談判して実現した今回の企画。

先週の前半戦では、「水中息止め」や「スピードマッパ」などの対決が繰り広げられたが、後半戦でも体を張った対決で多くの笑いが生まれた。

◆第7世代がさすがの活躍!

なかでも名勝負となったのが、「ビー玉キスリレー」という対決。

粗品は「団結力や協調性が問われる競技!」と息巻いたが、その内容は2人1組でビー玉を唇に挟んでリレーするという“キツ過ぎる”ものだ。

対決前から芸人たちが尻込みするなか、第7世代チームの第一走者となったのはコロコロチキチキペッパーズ

「コンビなので“息”は合っている」と対決前から自信を覗かせるナダルだったが、リレーがはじまると相方・西野が「めっちゃクサい!」とナダルの“息”のクサさに絶叫し、早々にビー玉を落としてしまう。

©テレビ朝日

その後も西野の「クサい!」とナダルの「クサくない!」という押し問答が続き、リレーはなかなか進まない。

するとその遅れを挽回するように、アンカーのせいやと後藤(四千頭身)は互いの唇にビー玉を挟むと、驚くほどの速さでスタジオを駆け抜けた。

©テレビ朝日

お笑い第7世代を代表する2人の勇姿に、チームの面々も大盛り上がりとなる。

◆おっさんのキスシーンに「全員テレビ消すって!」

対するR-1芸人チームの第一走者は、おいでやす小田とルシファー吉岡

©テレビ朝日

「R-1」ファイナリストの常連にもかかわらず、芸能人オーラなし。あまりの地味っぷりに「絵面が一番エグイかも…」と心配されるほどの顔合わせだ。

そんな2人のリレーがはじまると、“エグ過ぎる”その姿にスタジオは悲鳴。

本気で吐き気を催した小田にいたっては、せいやから「明け方のおっさん」と的確過ぎるツッコみを入れられてしまう。

©テレビ朝日

その後も必死に唇を合わせてリレーを続ける2人だったが、それを見たせいやは「全員テレビ消すって!」とツッコみ。

ついには「これ霜降りバラエティ?」「俺らがM-1獲ってやりたかった冠番組?」とぼやいていた。

そんな両チームの戦いは、果たしてどちらに軍配が上がるのか…?

爆笑必死の戦いの行方はテレ朝キャッチアップにて期間限定(20201月24日0131まで)で無料配信中

番組情報:『霜降りバラエティ
毎週木曜 深夜1:56~、テレビ朝日系(※一部地域をのぞく)

『霜降りバラエティ』公式ツイッター(@shimovara)では、オリジナル動画も配信中!

テレ朝POST

3月30日(月)から『徹子の部屋』は午後1時にお引っ越し。それを記念し、今週はスペシャルなゲストが登場する「お引っ越しウィーク」を放送する。 3月31日(火)のゲストは、本日が初競演となる美しき女優たち。映画監督の夫を持

ページトップへ
Twitter Facebook