「浪速のロッキー」という愛称でプロボクサーとして活躍した後、1989年に自身の半生を絡ませた映画『どついたるねん』(阪本順治監督)で主役デビューを果たし、第35回キネマ旬報賞・新人男優賞をはじめ、多くの賞を受賞した赤井英

岡田結実さんと井本彩花さんが出演する金曜ナイトドラマ『女子高生の無駄づかい』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~)が1月24日からスタート。オンエアを前に、「オスカープロモーション晴れ着撮影会」(2019年12月)に出席した岡田さんと井本さんにインタビュー。本作の魅力や、プライベートの“おバカ”エピソードを語っていただきました。

ページトップへ
Twitter Facebook