誰もが「絶対に倒産する」と断言した大赤字のメガネチェーンを買収したひとりの若者が、絶体絶命のピンチを何度も乗り越え世界進出する。そんな“ウソみたいなホントの話”を勝地涼主演でドラマ化した3夜連続ドラマ『破天荒フェニックス

杉野遥亮が本人役で主演を務めるドラマ『東京怪奇酒』(テレビ東京)の第3話が3月5日に放送された。原作は、清野とおるの体験談を描いた同名漫画。ホラーが苦手な杉野が原作と同様に毎回さまざまなゲストから心霊話を聞き、心霊スポットに行って酒を飲む「怪奇酒」を体験するという内容である。 今回、新たな「怪奇酒」スポットに誘うのは、「事故物件住みます芸人」の松原タニシだ。紹介されたのは、70代手前の男性が孤独死...

ページトップへ
Twitter Facebook