倉本聰氏が脚本家人生で初めて通年放送という長丁場に挑んでいるテレビ朝日開局60周年記念帯ドラマ劇場『やすらぎの刻~道』。 脚本家・菊村栄(石坂浩二)ら“テレビ人”たちが入居する老人ホーム「やすらぎの郷」の人間模様、そして

ページトップへ
Twitter Facebook