1989年に公開された映画『オルゴール』でデビューした中島ひろ子さん。翌年には映画『櫻の園』に主演し、第14回日本アカデミー賞新人俳優賞をはじめ、各映画賞を受賞。 以降、映画『祈りの幕が下りる時』(2018年)、ドラマ『

ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)シリーズの鑑識官・米沢守役でブレークした六角精児さん。落語好きで生真面目な愛すべきキャラとしておなじみだが、実は犯人役で1回だけの出演で終わる可能性もあったという。 ◆目立つ犯人役か、地味な

ページトップへ
Twitter Facebook