20歳から25歳まで数々の失敗を繰り返し、マルチ商法に足を突っ込んで借金を背負ったり、ホームレスになったこともあったというが、25歳のときに一念発起して以降、精力的に自主映画製作に取り組んできた上田慎一郎監督。 国内外の

ドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)でゆとり世代のモンスター社員を演じてブレークし、ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(NHK)、映画『淵に立つ』(2016年)、映画『50回目のファーストキス』な

ページトップへ
Twitter Facebook