20歳から25歳まで数々の失敗を繰り返し、マルチ商法に足を突っ込んで借金を背負ったり、ホームレスになったこともあったというが、25歳のときに一念発起して以降、精力的に自主映画製作に取り組んできた上田慎一郎監督。 国内外の

現在、テレビ東京ほかにて毎週金曜日深夜0:12より"人生相談の名手"ことジェーン・スー原作のおもしろ可笑しくて、ときどき切ない家族の愛憎物語『生きるとか死ぬとか父親とか』が放送されている。このほど、本作の主人公で、劇中での人気ラジオ番組『トッキーとひと時』でパーソナリティーを務めるトッキーこと蒲原トキコ役の吉田羊にインタビュー。役作りで苦労した部分、トキコを演じていて感じることなどについて聞いた。

ページトップへ
Twitter Facebook