1987年、大衆的な歌舞伎の復権を目指す“ネオかぶき”男性のみで上演する劇団「花組芝居」の旗揚げに参加し、看板女方として広くその名を知られるようになった篠井英介さん。 小劇場ブームでさまざまな小劇団が誕生し、注目を集めて

ページトップへ
Twitter Facebook